宅建資格の勉強法と利用法

宅地建物取引主任者試験の難易度

宅地建物取引主任者の試験の難易度は、評価が分かれます。覚えることが多すぎてとても難しいという評価をする人もいれば、そんなに勉強しなくても合格することのできる易しい試験だという評価をする人もいます。どちらが正しい本当の評価なのでしょうか。これについては、評価する人によって難易度の感じ方が異なるのでいずれも正しい評価であると思います。
>>宅建の難易度をしっかり知るにはこちらがオススメ

例えば全く不動産関係を勉強したことのない大学生にとっては、民法をはじめとした不動産に関連する法律の規定は、難解で覚えきれないというだけでなく、理解することが難しく、宅地建物取引主任者は難しいという評価するでしょう。一方で、不動産会社に勤める会社員の人にとっては、自分の業務で扱ってきたことが出題されるので、勉強しなくとも合格することのできる易しい試験であると評価するでしょう。
>>初心者が合格する方法を考えるにはこちらもオススメ

客観的データを参照すると、毎年20万人から30万人の人が宅地建物取引主任者を受験します。そして合格者数は2万5千人から3万5千人程度です。合格率は15%前後です。他の国家資格と比べると、易しい部類に入ります。ただ、受験者の中で実際に本当に合格を目指してまじめに勉強している人は、もっと少ないのではないかと思われます。つまり、宅地建物取引主任者という資格は国家試験の登竜門で有名な試験であり、受験資格もありません。ですので、本を買って1度読んだ程度という記念受験者も含まれているのではないかということです。これらを差し引くと、合格率は実際にはもっと高くなるはずですので、合格することが不可能な試験ではないということが分かります。


次のページからは、宅建資格の勉強方法と活かし方について