宅建は就職活動において有利になるか

宅地建物取引主任者とは宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格であり宅地建物取引業者(いわゆる不動産会社)の相手方に対して宅地、建物売買、交換または賃借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家です。この資格を取得すれば不動産会社への就職は有利になることは間違いないでしょう。不動産取引の専門家、スペシャリストの資格ですので、不動産会社では即戦力として採用してもらえることは間違いありません。

しかし、就職として有利になるのは不動産会社だけではありません。不動産会社以外の会社であっても、新規事業で不動産の取得や賃貸が必要な場合など、不動産の絡む取引は一般的な会社であってもあります。その取引を有利にすすめるために、一般的な不動産会社以外の会社であっても宅地建物取引主任者の資格は重宝される場合があります。もちろん、その場合、宅地建物取引主任者としての業務ではありませんが、就職先で不動産関係に関して詳しい会社員として勉強したことを発揮できます。

また、一般の不動産会社以外の会社に就職しようとする場合、宅地建物取引主任者資格は、自分の能力を自己努力で伸ばしていける真面目な人間として評価され、就職に有利になります。業務とは全く関係ない業界であっても、資格取得の為に自分で努力して、合格という結果が伴っている点を評価し、就職に有利となるのです。ですので、転職や新卒で就職を考えているのであれば、宅建資格取得をお勧めしています。