転職の際に宅建資格が評価される会社

宅地建物取引主任者は不動産を扱う専門家であるから、不動産会社への転職は有利に進められる可能性があります。しかし、これは宅地建物取引主任者資格を取得していない人と比べた時に、不動産会社に転職をすることを比較した場合であり、一般的に不動産会社では宅地建物取引主任者の資格を取得することを推奨していることが多く、長年不動産会社に勤めている人であれば、必須の資格であることから、不動産会社に就職する場合の必須の資格と言っても過言ではなく、不動産会社にとっては取得していることが前提となる場合もあり、資格の有無で有利不利とはならない場合があります。

不動産会社以外の会社にとって、宅地建物取引主任者の資格は不動産取引がない限り不要な資格です。ただ、仕事内容に宅地建物取引主任者としての仕事は全く関係なくとも、資格を取得するために、自分に投資し努力したということが評価される場合があり、その場合には転職に有利にはたらく場合があります。

会社として、今すぐには不動産関係の仕事はないけれども、将来的に不動産を扱う契約が見込まれる場合や、不動産部門を新設する予定である場合や、不動産業を扱う会社を買収した場合など、潜在的な不動産に関するスペシャリストのニーズ、宅地建物取引主任者の資格の可能性は広がっています。ですので、宅地建物取引主任者の資格は国家資格としては不動産を取り扱う専門家にすぎないと言えますが、実際の社会の中では資格以上に信頼と信用がなされる国家資格なのです。そして、その信頼に応え、宅建の可能性を広げるのは本人の努力次第です。