合格勉強法

宅地建物取引主任者試験受験の為のテキストの選び方

本屋に行くと、宅地建物取引主任者に関する本が沢山並んでいます。本のクオリティについて多少の差はあります。ただ、テキストの差が合否を分けるとはいえません。結局は、どのテキストを使っても、本人がテキストを繰返し読み、法令を理解したかということが合否を分けます。

宅地建物取引主任者に合格するためには、テキストを繰返し読み、沢山の時間を勉強に割くことが必要です。その中で、テキストは常に携帯し勉強するためには必須のものですので、使いやすいテキストを選びたいものです。科目ごとに分かれているもの、1冊にまとまっているもの、2色刷りになっているもの、高校生のように英単語を覚えるかのように赤いセロファンを被せると字が消えるものなど、さまざまな教科書があります。本に沢山の宅地建物取引主任者試験受験のための本が並んでいるのは、様々な勉強法があるので、その勉強法に合わせた本が出版されているので、沢山の種類があるのです。

例えば通信通学の途中の電車や移動の中で勉強するのであれば、本はできるだけ軽く薄くまとまっているものが良いでしょう。また、法律の勉強などを全くしてこなかった人がはじめて勉強する場合には、入門書と呼ばれる導入本、分かりやすく書かれているものを読んでイメージを掴んでから勉強する方が理解が深まるので、入門書を手に取ってみることが良いでしょう。また、多少分厚く重いものであっても、その本は詳しく書かれているので、価値のある本です。勉強が進んでいる人にとっては重宝するでしょう。このように、人それぞれで勧める本は異なるので、自分に合った本を本屋で探してみるところから勉強をスタートしましょう。