資格活用法

転職の際に宅建資格が評価される会社

宅地建物取引主任者は不動産を扱う専門家であるから、不動産会社への転職は有利に進められる可能性があります。しかし、これは宅地建物取引主任者資格を取得していない人と比べた時に、不動産会社に転職をすることを比較した場合であり、一般的に不動産会社では宅地建物取引主任者の資格を取得することを推奨していることが多く、長年不動産会社に勤めている人であれば、必須の資格であることから、不動産会社に就職する場合の必須の資格と言っても過言ではなく、不動産会社にとっては取得していることが前提となる場合もあり、資格の有無で有利不利とはならない場合があります。

不動産会社以外の会社にとって、宅地建物取引主任者の資格は不動産取引がない限り不要な資格です。ただ、仕事内容に宅地建物取引主任者としての仕事は全く関係なくとも、資格を取得するために、自分に投資し努力したということが評価される場合があり、その場合には転職に有利にはたらく場合があります。

会社として、今すぐには不動産関係の仕事はないけれども、将来的に不動産を扱う契約が見込まれる場合や、不動産部門を新設する予定である場合や、不動産業を扱う会社を買収した場合など、潜在的な不動産に関するスペシャリストのニーズ、宅地建物取引主任者の資格の可能性は広がっています。ですので、宅地建物取引主任者の資格は国家資格としては不動産を取り扱う専門家にすぎないと言えますが、実際の社会の中では資格以上に信頼と信用がなされる国家資格なのです。そして、その信頼に応え、宅建の可能性を広げるのは本人の努力次第です。

宅建は就職活動において有利になるか

宅地建物取引主任者とは宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格であり宅地建物取引業者(いわゆる不動産会社)の相手方に対して宅地、建物売買、交換または賃借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家です。この資格を取得すれば不動産会社への就職は有利になることは間違いないでしょう。不動産取引の専門家、スペシャリストの資格ですので、不動産会社では即戦力として採用してもらえることは間違いありません。

しかし、就職として有利になるのは不動産会社だけではありません。不動産会社以外の会社であっても、新規事業で不動産の取得や賃貸が必要な場合など、不動産の絡む取引は一般的な会社であってもあります。その取引を有利にすすめるために、一般的な不動産会社以外の会社であっても宅地建物取引主任者の資格は重宝される場合があります。もちろん、その場合、宅地建物取引主任者としての業務ではありませんが、就職先で不動産関係に関して詳しい会社員として勉強したことを発揮できます。

また、一般の不動産会社以外の会社に就職しようとする場合、宅地建物取引主任者資格は、自分の能力を自己努力で伸ばしていける真面目な人間として評価され、就職に有利になります。業務とは全く関係ない業界であっても、資格取得の為に自分で努力して、合格という結果が伴っている点を評価し、就職に有利となるのです。ですので、転職や新卒で就職を考えているのであれば、宅建資格取得をお勧めしています。

宅建資格保持者の年収の実情

宅地建物取引主任者の平均年収は正確な統計データがないことから不明であるが、500万円前後が平均年収ではないかと言われています。宅地建物取引主任者の多くは不動産会社に勤務することが多く、会社員としての給与と共に宅地建物取引主任者としての手当を得て、これらの総額が500万円前後と言われています。宅地建物取引主任者は不動産を取り扱うことから、景気の影響を受けやすくなっています。例えばバブル経済の頃で土地の値段が上昇している場合においては、景気自体が上向き土地関係の取引も多くなり、年収も上がって行く傾向にありました。しかし、景気が後退すると、不動産関係の景気が下向きとなり年収は上がらない傾向になります。しかし、不動産関係を取り扱う中で、宅地建物取引主任者の資格は必須の資格であることから、一般的な資格のない会社員と比べると年収は上であると思われます。

宅地建物取引主任者は、弁護士や弁理士などの資格と違い、資格を有するだけで数千万円の年収を得ることができるような資格ではありません。ただ、不動産関係に関わり一般的会社員よりも高い年収を得られることは確かでしょう。また、不動産関係の部門でなくても宅地建物取引主任者資格を有しているだけで、実際に業務は行わなくとも会社から手当が支給される場合もあるようです。もちろん、せっかく試験に合格し取得した資格ですから宅地建物取引主任者として業務を行い収入を得ることが理想かもしれません。しかし、年収だけでなく、周りの評価や信頼を得るためにも、宅建資格取得には意味が有ります。